わたしによるわたしのためだけのアートワークス

タイトルどおりですが。ほぼ絵日記。適当なこと書いておきます

タグキャンペーンに乗ってみたーマッシュル-MASHLE-

どうも。番外編第4弾です。

 

体調を崩していて更新が遅れました。まあ、気長にやってます。

 

もう第4弾まで来ましたね。

最近はあまり新しいマンガを読むことが少なくなってきまして。

こんな記事書いてるのに。

 

年をとってくると新しいものに手を出す気力がなくなってきますよね。

まだ二十過ぎたばかりですが。

 

人間って、成長するにつれて選り好みし始めるので、第一印象が自分の好みと違うってだけで拒否したりして。

それを現代の技術力が助長してるんでしょうけど。

 

そんなこんなで、あまり新しいマンガを読まなくなってきました。

 

 

でも、今回紹介するのは、そんなわたしが久々に惹かれたマンガでして。

 

ジャンプの表紙を見ただけで、これは読むしかない、と。

ほんと、何年振りでしょう。

 

いま一番応援してるマンガです。

 

甲本一『マッシュル-MASHLE-』

『マッシュル-MASHLE- 1』表紙

出典:甲本一『マッシュル-MASHLE- 1』

 

 分かりやすいコマ探したけど表紙しかなかった……。

 

魔法の世界を筋肉ひとつで駆け抜けるって、ギャグの予感しかしないでしょ! と、ぴーんときまして。

まあ、連載開始から読んでいるのですが。

 

期待通りの作品でした。

 

内容は、前述のとおり、魔法世界で魔法の使えないマッシュ君が、筋肉で乗り切るという話なのですが。

 

面白いです。応援してます。頑張ってください。

 

作者さんに言っちゃったよ。

 

コメディとバトルとシュークリーム

 

展開的には、王道のバトル漫画という感じでして。

魔法が使えないのに魔法学校に入っちゃって、いろんなやつらに目をつけられるマッシュ君。それを力でねじ伏せて驚かれる、というのが鉄板です。

 

バトル中で真剣なのに笑える要素があるところがいいですよね。

こういうのが読みたかったんだよ、って言いたいです。

作者さんは子供時代に『ボボボーボ・ボーボボ』や『銀魂』にハマっていたらしく。趣向が全く一緒。

 

ちなみに、魔法学校ということでハリー・ポッターパクリ オマージュがけっこう出てきます。

巨大迷路とか、寮の振り分けとか、ホウキスポーツとか。

ハリー・ポッターシリーズを知ってるひとには、けっこう分かります。

 

まあ、最近の展開はそうでもなく、学校内の敵対する寮のグループと全面対決していますが。マッシュ君に仲間も増えてきました。

仲間うちでは和気あいあいとしてます。

 

ここらへんも、王道ですね。

 

で、シュークリームはなにかといいますと、マッシュ君の大好物です。ちょくちょく出てきます。

料理の課題で、薬を作らないといけないのになぜかシュークリームが出来上がるという。

この回大好きです。2巻かな。

 

 あと、懐にシュークリームを直入れする、とか。シュークリームを奪われそうになって脊髄反射で反撃する、とか。

マッシュ君にとっては、シュークリームはたんぱく質なんだそうです。

筋肉には重要だもんね……。

 

 でも、わたしが一番言いたいのは、それらではなく。

こっちなのです。

 

画力向上が楽しい

 

マンガって、回を追うごとに絵が変わってきますよね。あれって、作者さんの画力が向上しているのですが、このマンガも例にもれず画力が上がっています。

 

自分でもイラスト描いてるからですかね、作者さんの画力向上が嬉しい。

 

『マッシュル-MASHLE-』ワンシーン

出典:『週刊少年ジャンプ 2020年38号』

 

上に挙げた表紙と比べても、手の筋とか、顔の輪郭とかキレイになりましたよね。人物は違うのですが……。線の細さとかが違ったりして、情報量が多くなりましたね。個人的には、ローブの質感が出せているのがいいなあと思います。

 

あと、コマの使い方が上手になってきていまして。

決めゼリフとか、ひときわ太い枠線で囲ってあったりして格好いい。

作者さんの成長を感じられるのが連載の魅力なんですね。初めて知りました。

 

ちなみに……、このコマは敵側の人間が自分のことを言ってるんです。

敵側にもいろいろな事情があります。

そんな『ONE PIECE』的な物語展開も魅力です。まあ、彼らも学生なので、ドフラミンゴほど残虐ではありませんが。

 

 

他にも書きたいことはままあるのですが、これ以上書いてるとネタバレしそうなのでやめておきます。

 

甲本一『マッシュル-MASHLE-』

第4弾にしてようやく今年のおすすめマンガでした。

 

わたしがいま一番応援しているマンガです。ぜひご一読を。

 

絶対にアニメ化すると思います。

 

では。